英語を楽しもう!

Enjoy English

英会話

サチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーとは?そのメリット・デメリットを徹底解説

更新日:

サチン・チョードリー氏が手掛ける英会話学習コーチング「イングリッシュブレークスルー」で「英語が喋れるようになった」「海外駐在が決まった」など、さまざまな口コミが溢れています。

そこで今回の記事では、サチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーがなぜ英語学習に効果的なのか、そのメリットについて詳しく解説をしていきます。

サチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーとは?

まずは、サチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーがどのようなコーチングサービスなのかについて簡単に説明していきましょう。

「国際社会で通用する英語を短期間でマスター」というキャッチコピーが、イングリッシュブレークスルーを説明する際に最も分かりやすい一文だと言えます。

いわゆる「ス〇ディ・サ〇リ・イングリッシュ」のようなサービスの場合、TOEICで通用するリスニング・リーディングスキルしか身につけることができませんが、

イングリッシュブレークスルーの場合は、そのキャッチコピーの通り、国際社会に飛び出た際にも「伝わる」英語力を身につけることができるのです。

イングリッシュブレークスルーの発起人であるサチン・チョードリーは「グロービッシュ」という国際英語についての権威者でもあります。

この「グロービッシュ(全世界に伝わる英語)」を学ぶことができるからこそ、イングリッシュブレークスルーは人気となっているのでしょう。

これまで英語を使う海外出張というとアメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスのような主要英語国に行くことが多かったですが、

近年ではインドやシンガポール、タイやベトナムなど東アジアに向けたビジネスも多く、世界中の人々に伝わるグロービッシュこそが海外駐在員には必須だと言われているのです。

このように重要な英語力を身につけられるのがイングリッシュブレークスルー。

次の項では、さらに詳しくこのコーチングサービスに関する情報を見ていくことにしましょう。

イングリッシュブレークスルー

サチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーの特徴

ここからさらに詳しくサチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーに関して、その特徴をまとめていきます。

イングリッシュブレークスルーの特徴:グロービッシュを学ぶことができる

1つ目に紹介するイングリッシュブレークスルーの特徴は「グロービッシュを学ぶことができる」ということです。

やはり一番にプッシュしたいのが、全世界どこでも通じる「グロービッシュ」を学ぶことができるという点です。

「本当にグロービッシュって人気なの?」と思った方もいるかもしれません。

しかし、以下を見ても分かる通り、さまざまな雑誌・書籍に、この国際英語が取り上げられているのです。

もはや「英語を学ぶならイギリス英語?アメリカ英語?」という議論は、このグローバリズムの中では時代遅れだと言えるのです。

しかし、グロービッシュをしっかりと教えてくれるコーチングサービスはほとんどありません。

そんな状況下で現れたのが、イングリッシュブレークスルー。

「グロービッシュを体系的に学びたい」

「どの国でも伝わるような英語を身につけたい」

あなたがこのように思うのであれば、英語学習サービスはイングリッシュブレークスルー一択だと言えるでしょう。

イングリッシュブレークスルーの特徴:シンプルフレーズ集ですぐに英語が喋れるようになる

2つ目に紹介するイングリッシュブレークスルーの特徴は「シンプルフレーズ集ですぐに英語が喋れるようになる」ということです。

通常、英語を学ぶ際には以下のような流れで勉強していくことになります。

  • 海外に行った際にレストランでお水をほしいと言いたい
  • 「Could I have some tap water please?」というフレーズを丸暗記する
  • 実際に発言する

このような学習方法の場合、「レストランで水をお願いする」というシチュエーションだけは完璧になるでしょう。

しかし、「レストランでパスタを注文するとき」や「スーパーで肉コーナーを聞くとき」などに応用することはできません。

これが「日本人が英語を喋れない」という状況の原因なのです。

そこでサチン・チョードリーが開発したのが「シンプルフレーズ」です。

これは、もともとの英語の文のテンプレートがあり、テンプレートの空欄に当てはまる英単語を入れていくというもの。

しかも、その単語というのは中学校で学んだものだけでいいのです。

以下のようなイメージですね。

「Could I have some tap water please?」とそのまま覚えるのではなく「Could I have 〇〇 please?」とシンプルフレーズで覚えることで、応用力がかなり高まります。

こういった実際のシチュエーションで使えるシンプルフレーズをたくさん提供してくれるのが、イングリッシュブレークスルーの特徴なのです。

イングリッシュブレークスルーの特徴:英語への苦手意識が一気になくなる

3つ目に紹介するイングリッシュブレークスルーの特徴は「英語への苦手意識が一気になくなる」ということです。

イングリッシュブレークスルーというタイトルに関して、サチン・チョードリーは以下のように語っています。

メンタルブロックがあるせいで、日本人は英語が苦手なのです。この問題を解決しない限り、いくら勉強をしても英語を話せるようにはならないのです。ですからイングリッシュブレークスルーではそのための”コーチング型教育”を行っています。

イングリッシュブレークスルーの受講前と受講後は以下のようなイメージ。

「自分は喋れない」というメンタルブロックが邪魔になっている状態を「ブレークスルー」することで、「知っているフレーズと単語で喋れる」という状況を作り出します。

欧州に行ってみると英語圏ではない人たちが、国籍関係なく英語を自信満々に喋っています。

「英語が上手かどうか」は関係ありません。重要なのはメンタルブロックがないということです。

そして、ほとんどの英語学習サービスは詰め込み教育ばかりでメンタルブロックのはずし方を教えてくれません。

イングリッシュブレークスルーは、そういったメンタル面の問題すらも解決してくれる唯一のサービスだと言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では、サチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーがなぜ英語学習に効果的なのか、そのメリットについて詳しく解説をしていきました。

「グロービッシュ × シンプルフレーズ × コーチング」という3要素がかけ合わさったサービスだからこそ、英語が喋れるようになる人が続々と誕生しているのです。

ぜひ、「本当の英語力を身につけたい」と思ったらサチン・チョードリーのイングリッシュブレークスルーを試してみてくださいね。

イングリッシュブレークスルー








-英会話
-, , ,

Copyright© Enjoy English , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.